モラハラ対策覚え書き

いじめ・ハラスメント対策の参考になる書籍

いじめのある世界に生きる君たちへ
 ーいじめられっ子だった精神科医贈る言葉
中井久夫(著)

いじめのかなりの部分は
学校の外で行われたなら犯罪。
つまりいじめは犯罪である。
「立場の入れ替え」がなければそれはいじめ。
いじめは他人を支配し、いいなりにすること。
「他人を支配したい」という権力欲。
思い通りにならないはずのものを
思い通りにするという快楽。
まわりの人間には「自分でなくて良かった。」
という安心感ををうむ。

いじめの最初の作戦は「孤立化」。
いじめのターゲットを決める。
ターゲットから距離をおかない人には
不利益があるとちらつかせる。
「いじめられるには、いじめられるだけの
理由がある」というPR作戦にでる。
周りの人間を巻き込み、やがては被害者本人にも
自分にいじめられる理由があると思い込ませる。

次は「無力化」作戦。
被害者に反撃は一切無効だと思わせる。
誰も味方にならない事を何度も味わわせる。
「大人に話す事は卑怯だ。」「醜い事だ。」と
加害者側の価値観で教育し
ターゲットが外に助けを求めないようにする。

そして「透明化」作戦。
人間には「選択的非注意」といって
自分が見たくないものを見ないでおくようにする
カニズムがある。
そのためいじめが行われていても見えにくくなる。
この段階では被害者は孤立無援で反撃も脱出も出来ず
自分の無力さに自分の誇りを自分で失っていく。
だんだん「その日ひどくいじめられなければいいや」と
思うようになる。
加害者との関係だけがリアルな人間関係となり
大人や級友たちはとても遠い存在となる。
加害者は大人の前で被害者と仲良しである事をアピールし
楽しそうに遊んだり、別のいじめに加わらせたりする。
被害者の「自分は被害者だ。」という最後の拠り所さえ奪う。

この段階にくると子どもは、
大人から「誰かにいじめられてないか?」と
問われると激しく否定ししばしば怒り出す。
自分のことは自分で始末をつけるという
人間としての最後の主導権を手放したくないため。

いじめの対策は、
まずいじめられている子どもの安全の確保、孤立感の解消、
二度と孤立させないという大人の責任のある保障の言葉と
その実行である。

本書は著者のアリアドネからの糸」所収の
「いじめの政治学
小学校高学年から読める内容にしたもの。

大人の方はぜひ「いじめの政治学も読んでいただきたいです。

 


離れたくても離れられないあの人からの
「攻撃」がなくなる本

Joe(著)

いつも攻撃のターゲットになってしまう人へ。
これ以上誰にも振りまわされたくない人へ。
戦うセンスのない人が、戦わずして状況を変えていく方法。

「相手から自分がどう映るか」を変えていくことで、
「相手の攻撃欲を徐々に萎えさえていく」という対策法。

本書は解決型カウンセラーである著者の
「普遍的な他者から攻撃されない方法」のノウハウ本です。

Joeメソッドの基本的な心構えと
相手からの攻撃にどう反応したらいいのか
またはどう反応しないのがいいのか
シチュエーション別に
表情・言葉・動作などの具体例が挙げられています。

出版本の「まえがき」を公開します | 離婚しない 『モラハラ』『自己愛性人格障害』対処の超裏技!!

 

calil.jp

f:id:putitarou:20190321192755j:plain