モラハラ対策覚え書き

自分の考えを広げるのに参考になった書籍 その2 (モラハラ対策含む)

「モラル・ハラスメントの心理構造」 加藤諦三 (著)
初っ端の「はしがき」からいい意味で心に突き刺さってくる内容で
モラハラをする人間は好意的サディスト・サディズム的愛だとハッキリ言いきっていて
大変分かり易くモラハラをする人間の心理・言動について説明がされている。
またサディズムが巧妙に弱さに変装している時には
加害者にも被害者にも第三者にも分かりにくくなっているが
特になぜ被害者がそれに気づけないのかの考察もされている。
モラハラによる悲劇・モラハラの特徴・モラハラ心理的罠・モラハラはなぜ危険か。
丁寧に分かり易く説明されている。モラハラに悩んでいる人には一読の価値あり。

 
「影響力の武器」 ロバート・B・チャルディーニ (著)
相手と交渉して値段を決める買い物などに苦手意識があり
営業をする側が何をどう考えているか分かれば参考になると思って読んだ。
これを知っていれば不本意な買い物などをする事が減りそうだと思う。

contentmarketinglab.jp

 

「嫌われる勇気」・「幸せになる勇気」 岸見一郎・古賀史健 (著)
アドラー心理学を全編哲人と青年の会話形式で紹介している。
アドラー心理学についてはここ最近書籍も沢山出版され
マンガにもなりドラマにもなりと広く知られる事となった。
アドラー心理学を理解するには今まで生きてきた半分の時間が
必要との説があるので、簡単には分かったとは言えないが、
「原因に意味はない」「目的論」「劣等感と劣等コンプレックスの違い」
「自分と他者との課題を分離する」
「良かれと思って何かをして、結果的に誰かに嫌われても気にする必要はない」
「悪いあの人・かわいそうなわたし・これからどうするか」「共感と同調の違い」
「人間の問題行動 5段階」「わたしたちの課題」など、
参考にしたいと思う考え方がたくさんあった。

----------------2017.6.12(追記)    -------------------

人間の問題行動 5段階

第1段階:称賛の欲求……共同体の中で特権的な地位を得る事が目的
            ほめてくれる人がいなければ、適切な行動をしない可能性
            罰を与える人がいなければ、不適切な行動もとる可能性が問題

第2段階:注目喚起 ……「ほめられなくてもいいから、とにかく目立ってやろう」
            積極的な子ども→いたずらによって注目を得ようとする 
            消極的な子ども→「できない子」として振る舞う事で注目を集め
            特別な地位を得ようとする 

第3段階:権力争い ……積極的な子ども→誰にも従わず、挑発を繰り返し、戦いを挑む
     (反抗)           勝利する事によって自らの力を誇示しようとする
                    口汚い言葉で罵って挑発する、癇癪を起して暴れる
                    万引き、喫煙など非行に走り、平然とルールを破る
            消極的な子ども→不従順を貫く事によって自分の力を示そうとする
                    どんなに厳しい言葉で叱られようと習い事や勉強を拒否する

第4段階:復讐   ……「かけがえのないわたし」を認めてくれなかった人、
            愛してくれなかった人に、愛の復讐をする
            憎しみを求め、憎悪という感情で自分に注目してもらおうとする
            ひたすら相手の嫌がる事を繰り返す
            自傷行為や引きこもりも復讐の一環と考えられる


第5段階:無能の証明……「出来るかもしれない」と課題に取り組んで失敗するより
             最初から「出来るはずがない」と諦めた方が楽
             いかに自分が無能であるか、
             ありとあらゆる手を使って証明しようとする


第3段階以降の状況では、第三者である専門家に助けを求めた方が良い。

diamond.jp

diamond.jp

diamond.jp

yuk2.net

calil.jp

f:id:putitarou:20170331161823j:plain